コンテンツにスキップ

プライバシーと行動分析

UI Kit は自社アプリ内に組み込む都合上、UI Kit が取得するデータについて、自社アプリ側のプライバシーポリシー中に明記する必要があります。

UI Kit が取得するデータ

UI Kit が取得するデータはプライバシーのページに明記しています。

UI Kit 内の Google アナリティクス

UI Kit 内で Google アナリティクスを有効にする場合、上記と合わせてGoogle アナリティクスの利用規約にも従う必要があります。Google アナリティクスは、コンソールの「アプリ > アプリの設定 > 変更」より無効化できます。

自社アプリの Google アナリティクスとの統合(β)

UI Kit の Google アナリティクスと、自社アプリの Google アナリティクスを統合できます。「アプリ > アプリの設定 > 変更」より、自社アプリの Google アナリティクス プロパティ ID を設定すると、自社アプリの Google アナリティクスへデータが送信されるようになります。

Warning

本機能はβ版のため、将来仕様が変更する可能性があります。現在対応しているのはグローバル サイトタグ(gtag.js)のみです。analytics.js ライブラリには対応していません。

ユーザの識別

Google アナリティクスの User ID の仕組みを利用して、自社アプリと UI Kit 間でユーザを識別できるよう設定します。User ID には、アバターIDをSHA256で暗号化し、HEXエンコードした値を設定します。

$ echo -n '{アバターID}' | shasum -a 256
c775e7b757ede630cd0aa1113bd102661ab38829ca52a6422ab782862f268646  -
analyticsUserID := fmt.Sprintf("%x", sha256.Sum256([]byte(strconv.FormatInt("{アバターID}", 10))))

自社アプリ側の JavaScript は次のようになります。UI Kit 側も同様に出力されます。

gtag('config', '{自社アプリの Google アナリティクス プロパティ ID}', {
  'user_id': '{SHA256暗号化したアバターID}'
});

Google アナリティクスにおけるユーザIDの扱いについては、Google アナリティクスのUser-ID に関する説明を参照ください。

Cookie の有効期限は31日に設定されます。コンソールから、SameSite の値を選択できます(通常は Lax (デフォルト)で問題ありません)。

カスタムディメンションの設定

UI Kit で定義されている以下のカスタムディメンションを、自社アプリの Google アナリティクスへ統合できます。

ディメンション名 説明
app アプリIDが設定されます。
develop 開発向けのアプリなら true、そうでないなら false が設定されます。
func 着せ替え画面なら「fitting_room」、ショップなら「shop」、ガチャなら「gacha」が設定されます。

これらのディメンション名と紐付ける自社アプリ側のディメンションインデックスを決め、コンソールのアプリの設定変更画面から紐付けを行います。UI Kit の各ページで、次のような JavaScript が表示されるようになります。

gtag('config', '{自社アプリの Google アナリティクス プロパティ ID}', {
  'user_id': '{SHA256暗号化したアバターID}',
  'cookie_flags': 'Path=/uikit; Max-Age=2678400; Secure; SameSite=Lax',
  'custom_map': {
    'dimension2': 'app',
    'dimension3': 'develop',
    'dimension4': 'func'
  }
});

通知されるイベント

各機能のページで説明しています。


最終更新日: 2020-12-23